トップ > ほくろ除去のQ&A

ほくろ除去のQ&A

ほくろの除去・治療の不明点を解説このページをチェックして、ほくろ除去に関する様々な豆知識や雑学を身につけ、悩みを解決しましょう。

クリニック比較のポイント

クリニック比較のポイントイメージ

初めて美容整形に行く時はどのような基準で選ぶと良いのでしょうか?美容外科は全国各地に点在しており、様々な違いがあります。それを簡単に比較するポイントが、「清潔感」、「実績」、「保証」の3つです。清潔感のあるなしで分かることは、衛生面が優れているかということです。ほくろを除去する場合はやはり、医師の腕が重要で、仕上がりに大きな差が出ます。その後の保証がどんなものなのか確認しておくと、トラブルを減らすことが出来ます。

クリニックがキレイ ドクターの実績医院の実績 保証があるか

詳しい情報を見る

ほくろ除去のお値段

ほくろ除去のお値段イメージ

ほくろ除去にかかる費用は、大きさによって決まります。皮膚科や美容外科では、ほくろ除去をする方法に、「電気メス」や「切開」などがあります。電気メスの場合、1mmあたり約5,000円、切開の場合は1mmあたり約9,000円です。別で診察料や薬代がかかるので、事前に確認しましょう。美容外科でほくろ除去をする場合、保険は適用されません。しかし、皮膚科であれば医師が悪性だと判断した場合、保険適用になり安価で除去出来ます。

価格はほくろの大きさで決まる 薬代・診察代など別途費用 保険の適用

詳しい情報を見る

人相学で見るほくろ

人相学で見るほくろイメージ

ほくろには、2つの種類があります。その中で多いのが、死にぼくろと呼ばれるものです。死にぼくろが現れる場所は、悪い意味を表している場合が多いです。死にぼくろとは反対に、生きぼくろというものもあり、運気がアップする良いほくろです。死にぼくろは色がくすんで、平面であるのに対して、生きぼくろは色が濃く、盛り上がっています。必ずほくろが表す運命になるわけではないので、気になるなら皮膚科や美容外科で除去しましょう。

詳しい情報を見る

ほくろ除去先輩のアドバイス

ほくろ除去先輩のアドバイスイメージ

ほくろ除去は自分ですることも出来ますが、肌に大きな負担がかかり、危険です。ですので、美容外科や皮膚科に任せるのが1番良い方法です。どうしても皮膚科に通う時間がない場合、ほくろ除去クリームを利用する方法もあります。市販されているので使ってみるのも1つの手です。ほくろは紫外線を浴びることで、メラニンが溜まり、出来てしまいます。ですので、太陽に長く当たる部分にほくろは現れやすく、年齢に関係なく出来ます。

自分でとるのは危険 ほくろの除去クリーム できやすい場所・年齢

詳しい情報を見る

ほくろ除去の体験談

ほくろ除去の体験談イメージ

自宅から近くの皮膚科でほくろ除去をやりました。自分のほくろは鼻にあり、5mmほどの大きさでしたがずっと気になっていました。この皮膚科はネットでも評判が良く、近いので選びました。この皮膚科を選んで正解だと思ったのが、カウンセリング担当の医師がとても気さくで、ていねいに説明してもらえたからです。更に、施術のときは麻酔を使用したので、痛みは全くなく、すぐに終わったので、びっくりしました。皮膚科に感謝感激です。

詳しい情報を見る

ほくろ除去おすすめクリニック

品川美容外科

品川美容外科

「綺麗になりたい」を叶えるために、最新の技術と実績のある医師が治療を行います。

詳しい情報を見る

公式ホームページへ