トップ > ほくろの治療って?

ほくろの治療って?

ほくろの除去・治療に効果的な施術

悪性のほくろって?

ほくろは、がんの危険性がある悪性のものもあるので、早めの除去がオススメです。

悪性のほくろって?イメージ

ほくろは、肌にあるただの黒い斑点だと思って過ごす人が殆どですが、ほくろの中にはがん細胞を持つものもあります。メラニン色素が増える事によって生成されるメラノーマは、がんと気付かれにくく、深刻な状態になるまで皮膚科へ行かずに放置されるケースも珍しくありません。悪性ほくろであるメラノーマは、「円形ではない」、「境界がはっきりしない」などの特徴があるので、この様なほくろを見つけたら早めに皮膚科を受診しましょう。

ほくろにも種類がある? 見分け方って あるの? 取っても いいほくろ? だめなほくろ? 検査って できるの?

詳しい情報を見る

ほくろ除去の流れ

ほくろを切り取る、またはレーザーで除去する方法が利用されています

ほくろ除去の流れイメージ

ほくろを除去したいけれど、切り取るのは痛そうと不安に思う人は少なくありません。最近では、レーザー除去を行う皮膚科もあり、傷もなく綺麗に除去することが出来ます。盛り上がっているほくろである場合は切除をして、人工の皮膚でコーティングする方法もあります。皮膚科でほくろの状態を診てもらいながら除去方法を決めましょう。

レーザー治療 では? 切開法では? 切除法では? 光美白 ピーリング では?

詳しい情報を見る

メリット・デメリット

ほくろ除去ではメリットやデメリットを踏まえてから、検討を進めましょう

メリット・デメリットイメージ

皮膚科でのほくろ除去は、気になるほくろを除去出来るので殆どの人はメリットが大きいと感じることでしょう。しかし、皮膚科での受診であっても、ほくろ除去は保険の適用外の場合があるというデメリットもあります。除去にかかる費用が全額負担なので、複数のほくろをまとめて除去したい場合に、費用が高くなってしまう恐れがあります。

メリットが 知りたい! 知っておくべき デメリット 施術後の 注意点 保障制度って?

詳しい情報を見る

ほくろの「切開」と「切除」

根が深いほくろは切開や切除方法を利用してきれいに除去できます

ほくろの「切開」と「切除」イメージ

皮膚科でのほくろ除去は、レーザー治療に限らず、根が深く大きいほくろの為に切除や切開方法のプランを提供しています。メスを使用してほくろを切り開き、細胞ごと除去を行うので、除去後も再発することなく、綺麗な肌を保つことが出来ます。切開での除去は皮膚同士を縫い合わせる処置を行うため、傷が治るまでテープで保護を行います。傷の経過を皮膚科にて確認する必要があるため、しばらくは通院して様子を見ていきます。

ほくろの切開? ほくろの切除? どんなほくろに 向いてるの? リクエストは できるの?

詳しい情報を見る

医療用レーザーによる治療

手軽に小さいほくろを除去したいならレーザーでの治療がオススメ

医療用レーザーによる治療イメージ

医療用レーザーでのほくろ除去は、専用のレーザーを発する機器を使用し、照射しながら治療を進めていきます。メスを使用しない除去方法なので、施術後に傷を残したくないという人にオススメの治療です。また、切除や切開の場合だと、抜糸の為に通院する必要がありますが、レーザー治療であれば、ほくろ除去完了後も皮膚科へ行く必要がないので、忙しい人でも気軽に行うことが出来ます。このような事から、多くの人に利用されています。

ほくろにも種類がある? 見分け方って あるの? どんなほくろに 向いてるの? リクエストは できるの?

詳しい情報を見る

様々な治療法

レーザーや切除、切開以外にも除去方法があるので、自分に合った方法を利用しましょう

様々な治療法イメージ

ほくろ除去には、レーザーや切除、切開の他にも光美白や、ピーリングなどの除去方法が豊富に揃えられています。光美白では肌の奥まで美白効果のあるレーザーを照射することによってほくろを目立たなくさせることが出来ます。また、同時にしみやくすみも除去してくれるので、美肌効果を得たい人にピッタリです。他にも炭酸ガスレーザーを使った治療があり、目元のほくろ除去に対応しています。気になるほくろの部位に合わせて治療方法を選びましょう。

ほくろにも種類がある? 見分け方って あるの? どんなほくろに 向いてるの? リクエストは できるの?

詳しい情報を見る

アフターケア

治療後から傷の完治まで、責任をもって経過を確認する治療プランが用意されています。

アフターケアイメージ

ほくろの治療の後に気になるのが、治療の際に発生した傷です。傷がきれいに完治するように皮膚科で診察を進め、抜糸のタイミングや傷のケア方法について説明が行われます。傷を保護する専用テープや外用薬の処方をしてくれるので、これらを使用して傷の治療を進めます。ほくろの再発がないか、確認を行うので、しっかりほくろを除去出来ます。

詳しい情報を見る