トップ > ほくろの治療って? > 悪性のほくろって?

ほくろの治療って?

悪性のほくろって?

ほくろにも種類がある?

ほくろは生まれつきのものが殆どですが、後から生成されるものもあります

ほくろは、主に単純黒子や色素性母斑に分けられます。単純黒子は小さいサイズのもので必ず人の体に1つ以上はあります。しかし、悪性のほくろは滅多に現れないものなので、特徴について捉えておきましょう。

単純黒子

単純黒子は誰でも表れるほくろなので、見慣れている人は多くいるでしょう。また、悪性ではないものが多いので健康上あまり気にかける必要はありません。しかし、単純黒子は場所によって、外見を損なう場合があります。なお、皮膚科で除去を申し出ることによって、がんの悪影響がなくても除去を行ってもらえます。

色素性母斑

色素性母斑は単純黒子とは異なり、大きく黒いアザのような見た目が特徴です。先天性のものもあり、生まれた頃から持っている人がたくさん居ます。単純黒子より目立つので、コンプレックスを感じる人も少なくありません。悪性のものもあるので、色素性母斑のようなほくろを見つけたら、皮膚科で早めに診察や除去を行ってもらいましょう。

見分け方ってあるの?

ほくろはそれぞれ形や色、大きさなどの特徴が異なります

ほくろは平たくて黒い、または茶色いものが殆どですが、中には隆起していたり、赤みを帯びたりしているものもあります。これらは全身のどの部位でも現れるので、体にあるほくろの特徴を、それぞれ確認しましょう。

厚みの薄いほくろ

厚みの薄いほくろは、多くの人が持っています。ほくろの色も黒や茶色など人によって色が異なります。薄いので厚みによる違和感を感じることもなく、日常生活への支障もありません。

厚みのあるほくろ

厚みのあるほくろによって見た目や感覚に違和感を感じる人がたくさん居ます。隆起したほくろは目立つので、コンプレックスの解消のために皮膚科で除去してもらう人も少なくありません。

赤っぽいほくろ

ほくろは黒や茶色のイメージがありますが、ニキビのような赤いほくろも珍しくありません。主に肌の色素が薄い色白の人に多く見られます。皮膚科でレーザー除去を行っても再発がありません。

急に大きくなったほくろ

成長するほくろには「メラノーマ」というがん細胞をもつものがあります。メラノーマは、内臓にがんが転移する恐れがあるため、ほくろが急成長したら、悪性でないか皮膚科で診察を行いましょう。

取ってもいいほくろ? だめなほくろ?

ほくろにはがん細胞を持つものもあるので、注意して見分けましょう

ほくろには、がん細胞をもつ悪性のものと、体に悪影響のない良性のものがあります。良性だけど外見が気になるので除去、悪性なので健康に被害が出ないために除去、というように、ほくろの除去を決める理由は人それぞれです。

ほくろと病気の関係

ほとんどのほくろは悪性ではないので、そのまま放置しても問題はありません。しかし、がん細胞をもつものもあります。ひと目では見分け辛いので悪性のほくろでも発見されにくい恐れもあります。

ほくろによく似た「メラノーマ」

ほくろに似た「メラノーマ」は悪性のほくろであり、このようなほくろを見つけたら、早めに皮膚科で除去を行ってもらう必要があります。急成長する事が特徴なので見慣れないほくろを見つけたら、皮膚科の受診を行いましょう。

ほくろによく似た「皮膚がん」

メラノーマの他にも、ほくろによく似た皮膚がんがあります。良性のほくろは円形であることが特徴ですが、皮膚がんは左右が非対称なので、不自然な見た目であり、健康のためにも除去が必要です。

ほくろとの違い

皮膚がんやメラノーマは、1つのほくろに黒や茶色、赤が混ざったような色ムラが発生します。出血する症状も現れるので、これらの症状が見受けられたら、皮膚科にて判断を行ってもらいましょう。

検査ってできるの?

ほくろは皮膚科での検査も出来るので、心配な時に診てもらいましょう

不自然なほくろは、皮膚科にて検査を行ってもらうことが出来ます。医師によって、ほくろの状態を細かく調べてもらえるので、皮膚科での検査を通して除去を行うべきかどうかしっかり相談を進めていきましょう。