トップ > ほくろの治療って? > ほくろ除去の流れ

ほくろの治療って?

ほくろの治療って?ほくろ除去の流れ

まずはカウンセリングへ

ほくろが気になったら、皮膚科でカウンセリングを行ってもらいましょう。

ほくろは、状態や種類によって適切な除去方法が変わります。皮膚科に行き、ほくろに関する知識のある医師に診察をしてもらうことが出来ます。最適な治療プランを組めるように、慎重に検討を進めていきましょう。

レーザー治療では?

レーザー治療を利用することで、短時間でほくろの除去が出来ます。

皮膚科の中には、レーザーを発する機械を利用して、ほくろ除去が出来る治療法を導入しているところもあります。メスを使用する事に対して不安を感じている人や、小さいほくろを除去したい場合に利用すると良いでしょう。

麻酔・消毒

レーザーによってほくろ除去を行う際に、軽い痛みを感じる場合があるため、治療前に除去する箇所へ麻酔を施します。また、皮膚の炎症を防ぐために消毒も併せて行われます。

レーザー照射

麻酔や消毒を行った後は、レーザーによりほくろの除去を行います。レーザーを照射して、ほくろの皮膚組織を削ります。皮膚を切り開く必要がないので、肌を切るのが怖いと感じる人でも安心です。

テープを貼って終了

レーザー治療を終えた後は、除去した箇所を専用のテープで保護します。テープが目立たないよう肌の色に合わせてあるので、テープの上から化粧を施したとしても問題はありません。

アフターケア

皮膚科でレーザー治療を受けた後は、定期的に皮膚の状態を医師に診てもらう必要があります。完全にほくろが消えているかどうかまでしっかりと診てくれるので、術後も安心です。

切開法・切除法では?

大きく盛り上がって目立つほくろは、切開法や切除法がオススメです。

ほとんどのほくろは平たいですが、中には、盛り上がった状態のほくろを持つ人も居ます。この場合、レーザーでの除去は難しいので、メスを使用した「切開法」や「切除法」で綺麗にほくろを削り取ることが出来ます。

麻酔・消毒

ほくろを切り開くので、痛みを感じてしまうことがあります。そのため、必ず麻酔や消毒を施してから除去治療が行われます。体に負担がかかるので、体調を万全にしておくことが重要です。

ほくろを除去

「切開法」や「切除法」は、名前の通りメスを使用して行う治療です。ほくろの根本部分にある組織までしっかり除去してもらうことが出来るので、再発の心配がありません。

縫合

治療の際に皮膚を切り開くので、専用の糸を使用して皮膚同士を縫合する必要があります。傷が治るまでは糸を入れておき、回復が見られたら皮膚科にて抜糸を行います。

アフターケア

抜糸の他に皮膚科では、術後の経過を見ながら傷のケアを行います。ほくろを完全に消すために除去箇所の検査も行うので、術後も皮膚科に通えるよう、時間を確保しておく必要があります。

光美白・ピーリングでは?

ほくろ除去とシミ、くすみ改善治療を併せて行ってもらいたい時に。

「光美白」、「ピーリング」はレーザーを使用して、肌に負担をかけないようにほくろ除去を行いますが、併せてシミやくすみを改善させる効果も持っています。そのため、薄いほくろや肌質改善がしたい人に人気の治療方法です。

光美白

光美白は、薄いほくろの除去を行いたい時に最適なレーザー治療です。レーザーの照射によりシミ、くすみも除去することができ、悩みのほくろも次第に薄くなっていきます。カウンセリング時に、自身の悩みをしっかり打ち明けましょう。

ピーリング

ほくろと同時にシミやくすみまで除去出来る治療方法として、ピーリングもあります。肌表面の不要な角質を剥がし、皮膚を新たに再生させる効果を持ちます。メラニンも排出されるので、ほくろを徐々に薄くしていくことが出来ます。