トップ > ほくろの治療って? > メリット・デメリット

ほくろの治療って?

メリット・デメリット

メリットが知りたい!

気になるほくろを除去して、コンプレックス解消や化粧の手間を改善出来ます

皮膚科にてほくろを除去してもらうことによって、得られるメリットはたくさんあります。また、大きなほくろの除去にも対応しているので、顔や首、腕などに、気になるほくろがあれば検討を行うと良いでしょう。

コンプレックスが解消

皮膚科にてほくろ除去を行ってもらうことで、コンプレックスを解消することが可能です。顔にほくろがあると目立ってしまいますが、除去するだけで顔やその人の印象は大きく変わるので、自信を持つことに繋がります。

メイクの時間が短縮

今までは、ほくろを目立たなくさせるためにコンシーラーやファンデーションを使用してカバーをする人も多くいましたが、ほくろ除去を行うことでこのようなメイクにかかる手間が減らせるので、メイク時間を短縮出来ます。

短時間で終わる

ほくろ除去にかかる時間は短いので、日帰りで手術をしたい人や、忙しくて皮膚科に通う時間が限られている人でも、気軽に除去手術を受けることが出来ます。特にレーザーはすべてのほくろ除去治療の中で短時間で完了するのでオススメです。

出血や痛みもほとんどない

皮膚科でのほくろ除去では、肌に負担をかけないように丁寧に治療を行うので、傷の回復も早く、出血や痛みがほとんどないことが特徴です。そのため、顔のほくろ除去でも、しばらくはメイクが出来ないという状態にならないので安心です。

知っておくべきデメリット

ほくろ除去にはデメリットもあるので、後悔しないように慎重な検討が必要です

皮膚科でのほくろ除去では、保険が効かない場合もあるので費用が高くなります。また、アフターケアも必要であり、時間を確保する手間がかかってしまうので、なかなか皮膚科に行けない人にとっては、治療が行いにくいです。

アフターケアの期間

ほくろ除去の後は、皮膚科でのアフターケアも必要です。かかる期間は治療法によって異なりますが、完全にほくろが消えるまで半年から1年程かかります。それまで経過の確認を続けることがあるので、時間を確保しておく必要があります。

塗り薬や飲み薬が出ることも

ほくろ除去では、治療の際に発生した傷を完治させることが必要です。また、皮膚科から塗り薬や飲み薬が処方される場合があります。傷が完治するまでこまめに塗布や服用を行う必要があるので、手間がかかってしまいます。

状態により、複数回の除去になることも

ほくろの根が深かったり、広がっていたりしている場合、1回のほくろ除去では完全に消えない場合があります。アフターケアで皮膚科にて検査を行う際に、除去が出来ていないと判明したら、再手術を行う可能性もあります。

サイズで値段が変わる

皮膚科でのほくろ除去にかかる費用は、サイズによって異なります。そのため、ほくろのサイズが大きいほど費用がかかってしまう場合があります。ほくろのサイズが大きいと感じるときは、予算を考慮しながら検討していく必要があります。

施術後の注意点

ほくろ除去後は傷に菌が入らないように、衛生的に保つことが重要です

レーザー治療や切開、切除除去の後は、肌が傷つき敏感な状態になっているので、傷に菌が入って化膿しないよう丁寧にケアを行うことが大切です。皮膚科にて専用のテープが処方されるので、利用して傷を治すと良いでしょう。

保障制度って?

保障制度を利用して、経済的に負担をかけずに再手術が受けられます

ほくろ除去治療において、完全にほくろが除去出来ていない場合は、再手術を行う必要があります。保障制度があることで無料で再手術を受けることが出来るので、1回の治療でほくろを除去できる自信がない場合はこのような保障制度がある皮膚科を選ぶことで、再手術にかかる費用の負担を無くすことが出来るので安心です。